副業が会社にバレないために注意する点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副業が会社にバレないために注意する点として、まず確定申告書の「住民税に関する事項」の欄に対し、「自分で交付する」にチェックを入れることがあげられます。

そもそも、なぜ副業で得た収入が会社にバレる可能性があるかというと、会社から支払われる給与と合わせて翌年の住民税に反映されるからです。

具体的に説明すると、上記の方法で確定申告書を提出した場合、住民税の通知が自宅にくることになります。
もともとは、会社に通知がいってしまうために、会社に副業がバレてしまう、ということです。

1つ注意点として、確定申告が必要になるケースは、副業収入が20万円以上ある場合となります。
20万円以上ある場合は、前述したように確定申告書の書き方に気を付けて確定申告をすれば問題ありません。

結論として、副業が会社にバレないためには住民税の通知が自宅にくるようにすれば良いのです。
本業の会社が副業禁止だったり、副業自体バレたくなかったりする方は、上記の方法をとることをオススメします。
ただし、自治体によっては自分で交付することができない地域もあるため、あなたの住んでいる地域で可能かどうかを事前に調べておく必要があります。

確定申告時の注意点

確定申告時の注意点として、まずは所得の種類を把握することがあげられます。

まず、飲食店などでアルバイトをして得られたお金は「給与所得」といいます。
副業で給与所得を得た場合、確定申告をすることによって、払いすぎた税金が手元に戻ってくる可能性があるのです。

つぎにFXの取引などの投資、またはアフィリエイトなどから得られたお金は「雑所得」と呼ばれています。
副業で雑所得を得た場合、必要経費分だけ課税所得が少なくなるため、確定申告をすることで節税効果があります。

経費とは、自分がしている副業に対し必要なモノ(書籍代、セミナー代など)のことを指します。
たとえば、Webライターの場合、経費としてライティングに関する書籍などが経費にあたります。

まずは、自分の副業における所得が「給与所得」か「雑所得」かを知る必要があるのです。
どちらにせよ、副業収入が20万円を超える場合は、確定申告をすることであなたにメリットがある可能性があります。

結論として、確定申告時はあなたの得た所得がどのような種類なのかを把握し、それぞれに対し適切な行動をとる必要性があります。

本業の会社にバレにくいおすすめの副業


本業の会社にバレにくいおすすめの副業は全部で3つあります。
1つずつ紹介していきます。

Webライター

1つ目はWebライターです。
仕事の内容としては、Web記事の制作がメインとなります。

昨今では、”文章力”で仕事ができるかできないのかを判断されたりする場合もあるため、Webライターを副業としてすることで本業でも得をする可能性があります。
ビジネスメールの内容が読みやすく、分かりやすいだけでも良い評価を得られることもあるので、とてもおすすめの副業です。
また、文章を書くのが好きな方にもとてもおすすめになります。

データ入力

2つ目はデータ入力です。
仕事内容は、企業のさまざまなデータを入力したり、インタビューなどから音声を文字起こししたりします。

クラウドソーシングでの需要が増えているため、案件も獲得しやすくお小遣いを稼ぐ程度だったら最適な副業といえるでしょう。
ただし、全体的に簡単な仕事のため、単価は低いことが多いです。

そのため、地道にコツコツと積み上げる作業が苦手でない方にはオススメの副業となっています。

不用品販売

3つ目は不用品販売です。
不用品販売では、自宅にあるいらなくなった服、使いそうにないモノなどをリサイクルショップ、またはメルカリやヤフオクに出品し収入を得ます。

もともと家にモノが多い場合は、売れるものが多い可能性が高く、お金になりやすいです。
しかし、逆の場合は売るもの自体がなく、お金にならない場合もあるため、向いてる人向いてない人がはっきりしてしまいます。

また、メルカリやヤフオクで出品する場合は、梱包も自分でしなければならないため、少し手間がかかります。
そのような作業を苦としない方には、とてもおすすめの副業です。

副業フレックス(Flex)とは?

副業フレックス(Flex)とは、ネット上で話題となっているネットビジネスの副業です。

初心者で知識や経験がなくても稼げると話題で、最初にはじめる副業としてとてもオススメの副業といえます。
前述した副業とは違い、スマホのみででき、なおかつスキマ時間を有効に使って稼ぐことができます。

総評して、初心者でも手軽に稼ぐことができる副業です。
具体的に得られる金額は、口コミを参考にすると毎月10~30万円の副収入が得られるようですね。

どの副業をやるか迷っている場合は、まずフレックス(Flex)をおすすめします。
※フレックスの詳細はこちらのLINE登録から

まとめ

この記事では、副業がバレない方法や確定申告時の注意点、またおすすめの副業についてご紹介しました。

本業の会社に副業がバレないようにするには、住民税の通知を自宅にくるようにすれば大丈夫です。
また、副業収入が20万円を超えた場合は、確定申告が必要となります。
どうせ20万円を超えるなら、稼げる副業を選んではじめたほうがいいでしょう。

そこで、副業初心者がまずはじめる副業として、おすすめなのはフレックス(Flex)です。
気になった方はぜひ、フレックスの公式LINEをご覧ください。

※フレックスの詳細はこちら